工事現場の仮囲いのデザイン

工事現場のイメージアップへ
野々市市中央公民館を建て替えて整備する「地域中心交流拠点施設」(2019年4月開館予定)の工事現場の仮囲いのデザインを金沢工業大学の学生と弊社スタッフが共同でデザイン画を施しましたので、建設工業新聞、北國新聞、中日新聞に掲載された記事をご紹介します。
このデザイン画は、建設工事現場におけるイメージアップとともに、同市の新たな交流拠点誕生への興味を高めることを目的に製作しました。このほど、「歴史探訪」「NONOICHI」「春夏秋冬」の3種類のデザインを施した高さ2メートルの仮囲いを延長約110メートルにわたって設置しました。なお、今回の仮囲いは18年10月の新中央公民館の竣工まで見ることができます。

greybox 機能
(クリックすると拡大します)

コメント


認証コード7301

コメントは管理者の承認後に表示されます。